店舗のご案内

 最近チェックした商品

染色法一覧
色見本一覧

 お問合せ

お問い合わせ

メールはこちらから
FAX用紙ダウンロード
  • 営業時間外に頂きましたご注文・お問い合わせは翌営業日に順次ご対応致します
  • [営業時間] 9:00〜17:00
  • [休業日] 土・日・祝日

 営業日カレンダー

2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
定休日
 

トップ>型紙プリント抜染法

藍用抜染の方法

従来のように蒸気で蒸したりする必要もなくどこでも誰でも簡単に抜染加工が出来るようになりました。



染め方一覧

型紙プリント抜染法(刷毛すりこみ抜染)


型紙プリント抜染手順1

藍抜染剤P-20(粉末):無臭藍抜染用糊101(ペースト状)=1:9の重量割合でよく練り抜染糊を作ります。 赤紫色の抜染糊です。粘度調整に少量の水を加えてもOKです。

型紙プリント抜染手順2

藍染めした布の上に型紙(渋紙・洋型紙)を置きます。 型紙に紗張がされていない場合は糊置用紗張アルミ枠を上からのせてプリントするときれいに仕上がります。

型紙プリント抜染手順3

ヘラで赤紫色の抜染糊をプリントします。

型紙プリント抜染手順4

20〜30分間そのまま放置します。抜染部分はピンク色から徐々に褐色に変わります。 次に水洗い→湯洗いをして抜染糊をよく落とします。抜染部分は赤茶色をしています。

型紙プリント抜染手順5

ソーピング剤リダックS-50を1Lあたり5g加えて80〜90℃で10〜15分間ソーピングします。 抜染部分は赤茶色から真っ白に変わっていきます。(換気をよくして作業をして下さい)

型紙プリント抜染手順6

完成です。細部まできれいに抜染が出来ました。



型紙プリント抜染剤セット

〜簡単に抜染ができます〜
木綿や麻の藍染め布に彫った型紙を使って
きれいにプリント抜染加工が出来ます。

【セット内容】
●藍抜染剤P-20 100g
●リダックS-50 100g
●無臭藍抜染用糊101 100g
(説明書付き)

※藍抜染剤P-20を加えた赤紫色の抜染糊は約3時間で抜染力が
弱くなります。
※無臭藍抜染用糊101以外の糊は全て不適ですので使用しないでください。
※無臭藍抜染用糊101は藍抜染剤P-20を加えない限りご購入後約8ヶ月間、
常温保存できます。
※従来の藍抜染用糊MH(ペースト状)も販売しております。

使い方はこちら

商品コード:50000132
価格 : 2,484 円(税抜き2,300 円)

ページトップへ